AGAシークレットファイル~全貌を解明~

今やAGAは多くの男性は勿論、女性までをも、性別を問わず誰にでも起こり得る症状です。こうした世の多くの人を悩ますAGAの原因、対策や治療法、そのメカニズムなどを徹底的に解明していきます。

AGAは毛のサイクルの乱れで生じる、薬の偽物に注意

AGAは髪の毛の毛周期と呼ばれている毛が生え変わるサイクルが乱れる事で薄毛の症状が進行して行く脱毛症で、サイクルを正常化しない限り、脱毛症が進む事からも進行型の薄毛とも言われています。

毛周期と言うのは成長期、休止期、退行期と言う3つのサイクルの総称で、AGAは成長期の期間が通常5~7年の所を3ヶ月前後に縮めてしまうため、毛が生えて来た時に成長する前に抜けてしまうことで薄くなる部分が徐々に広がり、M字やO字の形に薄くなるのが特徴です。

M字と言うのは額の生え際が後退する脱毛パターンで、O字は頭のてっぺんがOの字を描くように薄くなる部分が広がるパターンになります。

髪の毛をとかす時など鏡を見て行う人は多いかと思われますが、頭のてっぺんと言うのは鏡であまり見る機会が在りませんので、O字の薄毛はある程度進行してから薄くなっている事に気が付くケースが多いとされます。

これに対し、M字の場合は生え際が後退していくため、比較的早い段階で薄毛になっている事に気が付き、何らかの対策を考える事が出来ると言う事です。

尚、AGAにはプロペシアと言う特効薬が在り、病院での治療ではプロペシアが処方されるケースが多く在りますが、個人輸入代行業者による通販薬局ではプロペシアのジェネリック医薬品の販売が行われており、プロペシアよりも安い価格で購入が出来るなどのメリットが在ります。

AGA治療を病院で受ける場合、脱毛症は病気ではないなどの理由からも自由診療扱いとなりますので、費用負担が大きくなり、経済的な理由でジェネリック医薬品の購入を考えるケースも在ります。

個人輸入代行業者の中には偽物や粗悪なものを販売する悪質な業者も存在しているため、通販店を選ぶ時には評判などを確認しておく事がお勧めです。

上へ戻る