AGAシークレットファイル~全貌を解明~

今やAGAは多くの男性は勿論、女性までをも、性別を問わず誰にでも起こり得る症状です。こうした世の多くの人を悩ますAGAの原因、対策や治療法、そのメカニズムなどを徹底的に解明していきます。

薄毛を帽子で隠してる人は副作用に注意しAGA治療

男性が薄毛になりやすい部分には頭のてっぺんのつむじ部分や、額の生え際などがあり、この辺りの髪に抜け毛が増えたり、髪があまり成長せずに細くて短い毛になってしまう場合はAGAという脱毛症を疑ってみる必要があります。
AGAになると額の生え際や頭頂部の髪がだんだん薄くなってくることが多いので、これらの部分の両方かどちらかで抜け毛や髪の軟毛化が目立つようになってきたら、病院で診察を受け、AGAかどうかを診断してもらうのがおすすめです。
AGAの診察や治療は頭髪治療クリニックや美容クリニックで行っていることが多いですが、皮膚科や内科でも相談や治療が出来る所があるため、電話などで問い合わせてみると良いでしょう。
もしもAGAだと診断された場合には、専用の内服薬や発毛効果が期待出来る外用薬を使って薄毛治療をすることが出来るので、薄毛を改善させたい人は取り組んでみましょう。
さて、AGAの薬にはフィナステリドを有効成分とする内服薬がよく使われていますが、これは薄毛の進行を抑える作用を持っているので多くの患者さんが飲んでいる薬です。
フィナステリドを飲むことで起こる可能性がある副作用には、性欲減退や勃起不全などがありますが、これらは起こる確率の低い副作用なので心配しすぎないことが大切です。
その他にも、フィナステリドの副作用としてはかゆみや蕁麻疹、発疹などが報告されており、肝機能障害が副作用として起こる場合もありますが、極めて稀なケースとなっており、病院で定期的に検査を受けていれば気づけるものなので、副作用を必要以上に怖れずにこの薬でAGA治療をするのが良いでしょう。
頭頂部やつむじが薄毛になっている人では、隠そうとして帽子をいつも被っている場合があります。
帽子には頭皮に悪影響を与える紫外線を防げる利点と、帽子の締め付けや内部のむれが頭皮に悪影響を与えるデメリットがあるため、適度に使うのがおすすめです。

上へ戻る