AGAシークレットファイル~全貌を解明~

今やAGAは多くの男性は勿論、女性までをも、性別を問わず誰にでも起こり得る症状です。こうした世の多くの人を悩ますAGAの原因、対策や治療法、そのメカニズムなどを徹底的に解明していきます。

ブロンド系の髪の毛の量やAGA外来の特徴について

髪の毛の量は約10万本在ると言われていますが、生活環境、地域の環境、国や人種などにより髪の毛の量は異なるとも言います。
アメリカなどの金髪の欧米人の場合は約14万本、ブロンド色の人で約11万本、日本人などのように黒い髪の毛の場合は約9万本と言った具合に、日本人の髪の毛の量は金髪やブロンド色と比較した場合5万本から6万本少ない事が解ります。

但し、髪の毛の量には個人差が在るため、日本人の場合でも髪の毛が多い人もいれば少ない人もいると言う事です。

髪の毛は脳を外部からのダメージを守る目的で生えていると言います。
また、日中の紫外線などの直射日光から頭皮を守る役割も在りますが、髪の毛はダメージを受け易いものでもあり、眠っている間に回復させる能力が働くことになり、髪の毛は常に成長を続けることになります。

尚、髪の毛には毛周期と言うサイクルが在り、成長を遂げた後は抜け落ちて、新しい毛が再生される事になるのが特徴です。

AGAは毛のサイクルを乱すことで起きる脱毛症で、成長期が極端に短くなり髪の毛の再生を停止させてしまう悪玉強制ホルモンが存在している限り、AGAの症状を克服させることは出来ません。

AGA外来は、薄毛に悩む人々の治療を行う診療科でもあり、治療を受ける事、生活習慣及び食生活を見直していく事で発毛を期待することが出来るのが特徴です。

睡眠不足が続くことで自己回復力が十分に機能せず、髪の毛への悪影響を及ぼすことになりますし、髪の毛には栄養を与えることが重要で在り、食生活を見なすこともAGA外来でのカウンセリングを受ける事で実施することが可能になるなど、AGA外来は医薬品だけではなく、普段の生活を改善する事も治療に役立てているのが特徴です。

上へ戻る