AGAシークレットファイル~全貌を解明~

今やAGAは多くの男性は勿論、女性までをも、性別を問わず誰にでも起こり得る症状です。こうした世の多くの人を悩ますAGAの原因、対策や治療法、そのメカニズムなどを徹底的に解明していきます。

がんの克服とAGAの関係について

男性型脱毛症の予防を目的としたAGA治療が広く行われるようになった現在において、がんとの関係が知られるようになってきました。このことは病気の克服と関連がありますのでAGA治療を行っている人は知っておかなければならない知識であると言えます。そのAGA治療と関係が深いと考えられているのは、実が男性特有のがんである前立腺がんなのです。
前立腺がんは40代以降の男性が注意しておきたいがんであり、健康診断等において血液検査で早期発見が可能であることが知られています。その検査はPSAと呼ばれており、安い金額でがんの早期発見が行えるのが特徴となっています。しかしこの前立腺がんの早期発見を阻害してしまう可能性がAGA医療にあるということが分かってきました。AGA治療で用いるプロペシアと呼ばれる薬を服用していると、このPSAの検査結果が本来の半分くらいの数値になってしまうことが判明してきたのです。
そのため、本来であれば前立腺がんを疑うべき状態の人であってもプロペシアの服薬中は異常なしと判断してしまうリスクがあるのです。健康診断や人間ドックの際にAGA治療を行っていることを申告すれば判断してもらえる場合がありますが、そうでなければせっかく検査をしても早期発見を阻害してしまう可能性があるのです。
対応策としては、AGA治療で使用するプロペシアを服薬している間はPSAの値が半分程度になるという事実を理解しておくことにあります。自分自身でしっかりとそのような情報を把握しておくことで、検査を行った際の結果に対して注意をもって見ることが出来ればよいのです。場合によってはPSAの値を二倍にしたときに正常範囲を超えていれば専門の医師との相談を行えばよいでしょう。

上へ戻る